胡麻餅御殿-ホーランドロップ胡麻餅、フレンチロップ米子をご紹介致します

胡麻餅御殿-ホーランドロップ胡麻餅、フレンチロップ米子をご紹介致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんな餅・米に清き一票をお願い致しますm(_ _)m


新たに参加しました。こっちも宜しく☆

ジョニー・ザ・ラビット

唐突ですが、私、本が好きです。
学生時代にはもちろん本屋でバイト。帰りに他の本屋に寄ったりもしてました(笑)
今でも週に1度は本屋をのぞきます。
普段はマンガばかり読んでいるのですが、小説も好きです。
最近は伊坂幸太郎にハマっております。

その日もマンガを見に本屋へ出かけました。
ついでに伊坂幸太郎の新刊でもないかと文芸書コーナーへと足を運ぶと、そこには素晴らしい出会いが待っていました。

ジョニー

黒いコートに黒い眼鏡、足元には酒瓶が転がり、手には…拳銃?
そんな姿のうさぎさんが表紙の「ジョニー・ザ・ラビット」。
これには興味をそそられないわけがありません!

帯を見てみると、『このミステリーがすごい!2010年版第13位!!』との煽り文句が。
どうやらこの作家、以前にはほかの作品で大賞を受賞したこともあるそうな。
しかし13位って!(笑)
帯の裏を見てみると、『人間になりたかった、ちっぽけで孤独な探偵ウサギ、ジョニー・ラビットのワンダーランド!』と。
どうやら主人公は擬人化されたうさぎのようです。

そしてもう一度帯の表を読み直してみると、『ピカレスク・ハードボイルドノベル』との文字が!
ハードボイルドなの!?兎なのに!?

もう気になって仕方がありません!
もちろんレジに持って行きましたよ!

さっそく読んでいくと、冒頭から探偵事務所の場面。
昼間っから酒を飲み、カンツォーネを熱唱しているところに依頼人がやってくることから物語が始まります。
ここがジョニー・ラビットの探偵事務所であるのか聞いてくる依頼人の♀うさぎに向かって、「ドアにそう書いてあるんなら、たぶんそうなんでしょうね」と答えるジョニー・ラビット。
う~ん、しょっぱなからハードボイルドな雰囲気満載です。
そんな絵にかいたようないかにもハードボイルドを、うさぎがやっているというだけでなんともいえないB級の匂いがしていたのですが、読み進めていくとなかなか面白い!

あらすじは、
ジョニー・ラビットは昔マフィアに飼われていた雄兎。ある日、彼の探偵事務所に舞い込んだ失踪兎の捜索依頼は兎の集団自殺事件に発展。復讐を決意し街に戻ったジョニーは、仇相手の殺し屋ボビーに飼われることになり…。
と、こんな感じ。
ネットで紹介されていた文章をそのままお借りしました。

主人公のジョニー視点で物語は進んでいくのですが、うさぎとしての本能もありつつ、人間にあこがれ、でも仇討ちのためにつらいことがあったりすると、こんな思いをするくらいなら人間なんてどうでもいい!なんて思ったり。
うさぎと人間の狭間での葛藤がよい感じに描かれているんですよ。
ジョニーをカッコイイと思ったり、情けないと思ったり、どんどん感情移入していってしまいました。
「花は桜木、男はジョニー」
素晴らしい名台詞です。


ジョニー2「『花は桜木、男は胡麻餅』だ!」

はいはい。

そして足をトントンしてしまうしぐさや、骨が弱いこと、「慎重さはうさぎの美徳」など、うさぎの習性などがちゃんと盛り込まれていて、リアルうさ飼いとしてはかなりツボでした。
もちろんカクカクな行動もそこかしこに(笑)
うさぎですからねぇ。

かなりオススメな一冊です☆
もうジョニーの魅力にメロメロです。

ジョニー3
「俺のほうがかっこいいぞ!」

はいはい。
スポンサーサイト
そんな餅・米に清き一票をお願い致しますm(_ _)m


新たに参加しました。こっちも宜しく☆

コメント

本~

本屋でバイトですか!
本好きにはたまりませんね。

実は私この1月から長い休眠期間から覚めパートに出たのですが。
職場は本屋の取次店なんですよ。
小売ではなく本屋さんがお客様です。
私は新刊の店頭販売担当なのですが、
毎日小さな書店さんが本を買いに来ます。

たくさんの本に囲まれてますが、
マニアックな難しい本が圧倒的に多く、
一般の方々が読まれるようなベストセラー本の類はあまりないのです~

この双葉社さんも取り扱いがあったかどうか不明。
なかなか興味深い内容ですよね。
調べてみようっと!!

年末年始に図書館で借りたけど、時間がなく読めなかった本が書棚にあるのを発見して「あ!」と言ったら、社員さんが「暇な時に読んだら~」と笑って言ったけど、覚えることが多くて時間なんて全くない。。。。

男は・・・というと
「岩鬼」を思い出すのはあたしだけ?(笑)

最近本屋さんが少なくなってきて
マンガ置いてる所が少ない!
あっても少しだけ
どうやらあたしの好きな作家さんは
マニアックな方らしく
中々無くて・・・。


うさぎの事よく知ってる作家さんなんでしょうね。
面白そう(^^)

★ロビンママさん★
そうなんですよ~☆本好きはやはり憧れますよね、本屋さん(^^)
ロビンママさんは本屋の取次店ですか☆
そういえば友人が以前そんなかんじの職場で働いていました。トーハンだったような。
小さな書店さんは直接本を買いに来るのですねぇ。
私の働いていた本屋はチェーン展開しているお店だったので、毎朝届く大量の本を陳列するのに苦労していましたよ~。
本にかかわる仕事って結構肉体労働ですよね;
大体重いし、本(笑)
そして実際本を読むほど暇な時間てなかなかないですよね!

そういえば取次店にある本はすべての出版社がそろっているわけではないらしいですね。
いくつかの出版社の仕事を受け持っているような状態なのだと聞いたような。。。

久々のお仕事とのこと、お身体の調子を崩されないようにお気を付けくださいませ。
「ジョニー・ザ・ラビット」、なかなかお勧めですよ~(^^)
機会がありましたら是非!


★そらママさん★
岩鬼、知っていたわけではなのですが、台詞と名前の雰囲気とゆなさんの好み(笑)からどかべんのキャラを想像しながら検索してみると、見事当たっていました(笑)
しかも、wikiを見てみたらルパンのDEAD or ALIVEにゲスト出演しているらしいではないですか!
最近ルパン熱が再熱しているので、今度借りてきて見てみようかと…ニコ動でルパン音頭を聞きながら思っております(笑)

チェーン店の本屋でも場所によって品ぞろえが違いますよね~。
メジャーどころをちょこっとしか置いていない本屋、多いですよね。
バイト先に大きな本屋が2つもあるのですが、やはりそこには私好みの本は少なく…;;
欲しい本の発売日は大体手帳にチェックしてあるんですけどねー(笑)
バイト帰りに立ち寄っても置いてないので残念です。
そんなんだからアマゾンが本当便利で!(笑)

「ジョニー・ザ・ラビット」、お勧めですよ!(^^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gomamoti.blog43.fc2.com/tb.php/619-d4ea147d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

ランキングに参加しています。

プロフィール

フレンチロップ-米子

フレンチロップ-膳材

イングリッシュアンゴラ-粥子

フレンチロップ-稲寿

ゴールデンハムスター-紅古都

ジャンガリアンハムスター-小糠

ゴールデンハムスター-粳

最新の記事

最近のコメント

Blogリンク


リンクフリーです
お気軽にリンク貼って下さい
胡麻餅御殿

お店リンク

マイ・フレンズ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ検索

BlogPet

その他

[二つ前へもどる][前へもどる][次へ] [次の次へ]
[RANDOM][LIST]
リンク切れ等発見されましたらご連絡ください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。