胡麻餅御殿-ホーランドロップ胡麻餅、フレンチロップ米子をご紹介致します

胡麻餅御殿-ホーランドロップ胡麻餅、フレンチロップ米子をご紹介致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんな餅・米に清き一票をお願い致しますm(_ _)m


新たに参加しました。こっちも宜しく☆

緊急手術

昨晩、小糠の走り方がおかしいのに気が付きました。
以前に切断した足がうまく使えていないような感じでした。
ペタンペタンと歩くのです。
足に何かあるのかしら?と糠を拾い上げ、見てみると、切断した足には異常なし。
しかし、お腹がパンパンに膨れていました。
最近痩せ気味だったので上半身は細く、お腹だけが異常に膨らんでいるのがはっきりと分かりました。
膨れたお腹のせいで短くなった足が地面に付かず、おかしな歩き方になっているようでした。
腹水?腫瘍?
とにかく早く病院に連れて行かなくちゃ。
今日の朝一で病院に連れて行きました。

連れて行った病院はいつもお世話になっている武蔵浦和の病院。
後ろ足の切断手術もここでお願いしました。院長先生はうさぎや小動物に強い方です。
診察してもらうとやはりこのお腹は異常だと。
レントゲンを撮ると一つの臓器が膨れ上がり、身体の半分以上を占めています。
しかし、レントゲンでは膨れ上がっている原因が腹水や尿などの水分によるものか、腫瘍などの肉によるものなのかハッキリしません。
今度はその膨れた中身を探るためエコー検査をしました。
妊婦さんのお腹の中を見るあれですね。
ちっちゃいから大丈夫かなぁ?と心配してましたが、ちゃんと見れました。
エコーでは水分は黒く、肉は白く写るのだそうです。
糠のお腹を診た結果、画面に映し出されたのは黒い塊でした。

触診の位置から、たぶん膀胱に尿が溜まっているのだろうと判断。
マッサージをし、尿道を刺激して排尿を試みました。
が、なかなか出ません。
先生は排尿マッサージが得意らしいのですが何度試みてもシッコが出る様子がありません。
さらなる対策として2つの道を提示されました。
 ・尿道に炎症を起こして出口がふさがっていると仮定し、炎症剤をもらって2,3日様子を見る
 ・麻酔をかけて脱力させ、もう一度マッサージして排尿させる
ハムに麻酔をかけるというのは犬猫に比べてリスクがとても高くなります。
そのまま目覚めない子も多いです。
しかし、2,3日様子を見ている間に破裂して死んでしまう可能性もあります。

2,3日様子を見る場合、万が一の場合も家で迎える事ができます。
麻酔をかけて処置をすると、この場で糠を失ってしまう可能性があります。
とても悩みました。
時間を費やして祈るか、賭けてみるか。

悪い事に携帯を家に置き忘れてしまったので彼氏に相談する事が出来ませんでした。
万が一を考えると、糠と彼氏を会わせないまま別れになってしまうのが嫌だと思いました。
でも、何もしないまま様子見で糠を失うのも嫌でした。
明日も病院はやっているというので、今日は帰って糠を彼氏に会わせる事にしました。
最後になってしまうかもしれないから。
彼氏と相談して、麻酔をかけて処置をするなら明日にしようと思いました。

病院を出、駅近くの公衆電話で彼氏に連絡。
事の次第を話すと、もしも会えないままお別れになってしまったとしても、何もしないよりは処置してもらった方がいいと言われました。
このまま引き返して処置してもらっていいと。
すぐに病院に電話し、引き返しました。


麻酔についてのリスクを説明していただき、同意書に署名して処置が始まりました。
処置は私の見ている前で行ってくれました。
麻酔をかけるマスク、ワンコやニャンコなら口に当てるのでしょうが、糠はちっちゃ過ぎるのですっぽりとマスクの中に入れられました。
最初はわたわたと動いていたのですが、すぐに動きがにぶくなり、コロンと眠ってしまいました。
その後は麻酔ガスの出ているチューブからマスク部分を外し、糠の口に直接チューブをかぶせてテープで固定されました。マスクをかぶせる事ができないので糠サイズに合わせた対応なのでしょうね。
完全に脱力しているのでさっきよりも排尿しやすいはずです。
しかし、やはりいくらマッサージしてもオシッコは出てきません。
石が詰まってたとしてもマッサージする事で移動し排尿できるとの事なのですが、全く出ません。
お腹はパンパンに膨れたままです。

試行錯誤して20分。
ようやくチョロっとオシッコが出てきました。
しかし、押した場所は膨れた部分ではなくもっと下の部分。
膨れていたのは膀胱ではなかったのです。
場所が膀胱に近かったので尿が溜まったものと考えていましたが違ったようです。
膨れた臓器があまりにも大きすぎて原形をとどめておらず、膀胱も隠してしまっていたのでレントゲンでも分からなかったのでした。
だとするとこの膨れた臓器は??

膀胱ならマッサージで排尿されれば終わるのですが、他の臓器に水分が溜まっているとなると話は変わります。
膀胱以外に溜まった水分を体外に押し出す場所はないのですから。
腎臓か、子宮か、たぶんそのあたり。
注射器で溜まった水を吸い出す事はは出来ますが、そのうちまた溜まってくるだろうと言われました。
歳が歳なので(ハムは1歳過ぎると高齢と言われます)、吸い出してごまかしていくか、それとも開腹手術に賭けてみるか。
今度は迷わず開腹を選びました。

手術中も立ち会うことは可能だと言われましたが、排尿処置だけでも数名の先生や助手の方が処置室で仕事をされていたので、邪魔になると思い待合室に居る事にしました。
手術が始まって40分ほど経ったころ、先生が摘出した臓器を持ってきて見せてくれました。
それは3cmほどの大きさの卵巣でした。
プリプリと水分を沢山詰めていて、針でつついたらべシャッと破裂してしまいそうなくらいパンパンに膨れあがっていました。
そこから2㎜にも満たないくらいの細い肉が繋がっていて、それが子宮だと教えてくれました。
もう一端についていた卵巣も5㎜ほどの大きさがあり、やはり水分が溜まっていました。

卵巣膿瘍でした。
卵巣にパンパンに詰まっていたのは膿だったのです。
膿が溜まり、通常㎜リほどの大きさの卵巣が3㎝にも膨れてしまったのです。
やはり放っておいたら破裂、それに伴いおおきな血管(摘出された卵巣には確かに太い血管がありました)を損傷して急死していただろうと言われました。

古都の件があり、常に健康状態を気にするようにしていたのですが、こんなに膿が溜まってしまうまでどうして気が付かなかったのだろう。
しかし、訪ねてみると本当に急激に大きくなるものなのだと教えてくれました。
5㎜ほどになっていたもう一方の卵巣も、あと1日もすれば同様に3㎝ほどに膨れ上がっていただろうと。
むしろ早期発見できた方なのかもしれません。
破裂する前に気づいてよかった。。

縫合の終わった糠に会うと、お腹がぺしゃんこになって皮ばかりになっていました。
糠の大きさが6cmほど。その身体に直径3㎝ものまるまるとした卵巣が入っていたのですから、摘出すればぺたんこになってしまいますよね。
摘出した卵巣とまだ眠っている糠を並べてみると、本当に異常な大きさでした。
生まれたての子ハムよりも大きいです。

糠はすぐには麻酔から覚めませんでした。
普段なら5分もすれば起きるらしいのですが、手術中に使用した薬が影響して覚醒には30分ほど掛かるそうです。
今日はこのまま入院ということだったので、糠の目覚めは待たず帰ることにしました。
歳が歳なので、麻酔から覚めても体力が持つか・・・とも言われましたが。
でも、ぺしゃんこで、縫われて、イソジンで黄色くなったお腹の糠でしたが、しっかりと呼吸をしていたんですよ。
前日も診察中もとても元気だったんですよ。
術後、寝ている糠をなでたら頬袋にご飯が入ったままでした。
あいつ、ご飯詰めたまま手術受けてやがる。
だからきっと大丈夫と思い、お願いして帰りました。

もし麻酔から覚めなかったり万が一の事があればすぐに電話しますとのことでしたが、今のところ電話はなっていません。
無事に麻酔から覚めているのでしょう。
ちゃんとご飯も食べられたかしら?
頬袋のお弁当でも食べてくれてればいいのですが。

調子がよければ明日退院できます。
連れて帰ることが出来ればいいのですが。
退院できても出来なくても朝一で会いに行こうと思います。

スポンサーサイト
そんな餅・米に清き一票をお願い致しますm(_ _)m


新たに参加しました。こっちも宜しく☆

コメント

小糠ちゃん、よく頑張りましたね。
もうすぐ2歳なんですね、すごい生命力だと思います。
このまま無事回復を祈ってます。
明日香さんの迅速な判断と行動のおかげです。
彼氏さんの決断も的確だったんですよね
お疲れ様でした。がんばれ、小糠ちゃん!

信頼できる先生がいて羨ましいです。
こちらは病院はすごく増えましたが、中々ハムの手術のできる病院はないのが現状です。

がんばったね小糠ちゃん。
そして早い手術を決断した明日香さんと彼氏さんも素晴らしいです。
子宮や卵巣の病気は女の子にとっては宿命なんでしょうか(泣)
小糠ちゃんの回復を祈っています。

糠ちゃん、早く処置出来てよかったですね。うさよりちっちゃな身体。手術にもいろいろなリスクが伴うでしょうが、そのままにしておくより良いことのほうが多いですものね。糠ちゃんファイト!

無事に退院できました(^^)

★もるねぇさん★
ご心配頂きましてありがとうございます。
小糠の頑張りには飼い主ながら頭が下がる思いです。
無事に手術を乗り越えてくれた事に感謝しています。
今日無事に退院したのですが、元気に動き回っていますよ(^^)

ハムの手術、なかなかしてもらえる病院はないですよね。
あんなに小さな身体にメスを入れて治療するのですから、素人目にも相当難しいというのが分かりますよね。
麻酔をかけて排尿マッサージをしているとき、麻酔の管理をする人、マッサージをする人、尿道を刺激する人と数人がかりだったんですよ。
処置の仕方を考えれば当たり前かも知れませんが、手になかにすっぽり入ってしまうくらい小さな命の為に一生懸命に処置してくれているのを感じる事ができ、なんだか嬉しかったです。
先生には本当に感謝です。
決断させてくれた彼氏にも感謝です(^^)



★ロビンママさん★
ご心配頂きましてありがとうございます。
今日、無事に退院できました(^^)
入院中のご飯もしっかり食べてくれていたようです。
思い切って決断して本当に良かったと思います。
まだまだこれからも油断はできませんが、ひとまずの危機は乗り越えられました。

生殖器の病気、年齢を重ねるとどうしてもかかりやすくなるようですね。。
普段の生活習慣などは原因にならず、どんなに気をつけていてもある日突然発症してしまうようです。
怖いですね。
うさ女子たちも未避妊なので気をつけてあげたいと思います。


★ミミラさん★
ご心配頂ありがとうございます。
今日無事に退院しました(^^)
プラケースの中でカサコソと元気良く歩き回っています。
早期発見できたようで本当に良かったです。
気づかずに手遅れになっていたかと思うとゾッとします。
手術はとても悩みましたが、まだまだ寿命的には生きられる子なので諦めないでよかったと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gomamoti.blog43.fc2.com/tb.php/441-f7c9bb21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

ランキングに参加しています。

プロフィール

フレンチロップ-米子

フレンチロップ-膳材

イングリッシュアンゴラ-粥子

フレンチロップ-稲寿

ゴールデンハムスター-紅古都

ジャンガリアンハムスター-小糠

ゴールデンハムスター-粳

最新の記事

最近のコメント

Blogリンク


リンクフリーです
お気軽にリンク貼って下さい
胡麻餅御殿

お店リンク

マイ・フレンズ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ検索

BlogPet

その他

[二つ前へもどる][前へもどる][次へ] [次の次へ]
[RANDOM][LIST]
リンク切れ等発見されましたらご連絡ください


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。